業務委託解約の合意解除

フリーランスとして仕事をしていると、様々なクライアントと仕事をすることも多いと思います。フリーランスという立場は、非常に厳しいものとなりますから、「常に、トラブル防止を考えながら動いている」という方も多いでしょう。そんな方の中には、「契約解約時にも、トラブルにならないようにしたい」と思っている方が多いと思います。
では、フリーランスの業務委託契約を解約する際に理想的となる、合意解除とはどんなものなのでしょうか。

合意解除とはどういったものかというと、管理会社や管理組合の合意の元、契約の内容を失わせるというもの。
両者が納得した上で、契約を解除することになりますから、トラブルを避けることが出来ます。
しかし、この合意解除を行うためには、両者の意思表示が必要となるため、簡単に行える解除方法とは言えません。もちろん、契約解除の内容によっては、クライアント側が納得することもありますから、すんなりと合意解除となるケースもあります。

例えば、請負人が怪我や病気などで入院などを強いられている場合には、仕事を請けられる状況ではありませんから、クライアント側も納得し、合意解除をすることが出来るでしょう。
しかし、それ以外の内容の場合には、約定解除となるケースがほとんどとなります。
フリーランスとして仕事をしている方も、様々な理由で仕事を請けられなくなることがあると思います。「この理由であれば、仕事は出来ないだろう」とクライアント側が納得した場合には、合意解除という解約方法が可能となり、すんなりと契約解約の手続きを進めることが出来るでしょう。この解約方法であれば、その後トラブルとなることも少ないですから、理想的な解約方法とはなりますが、多いケースとは言えません。