業務委託解約の契約内容による解約

フリーランスとして活躍している方の中には、その時々によって状況が変わってきますよね。
フリーランスになりたての方であれば、「何でも良いから、仕事が欲しい」という方が多いでしょう。仕事が軌道に乗っている方の中には、「この仕事は、割に合わないからそろそろ契約を解約したい」と思っている方もいると思います。

「この仕事を、解約したい」と思っている方は、まずは業務委託契約書を再度見直していくことが必要となります。
業務委託契約書の内容は、同じ様な仕事を請けている方でも、それぞれ内容が変わってきます。基本的には、期間が満了するまでは契約解除を行うことが出来ませんが、契約内容によっては数カ月前までに申告すれば、解約が出来るといった内容が記載されていることもあります。そのため、自分はどういった契約内容になっているのか、再度確認が必要。「3ヵ月前までに申告すれば、解約が可能」といった内容が記載されているのであれば、これに沿って3ヵ月前に契約解約の旨をクライアント側に伝えることが必要となります。
「すぐに、辞めたい」と思っている方もいると思いますが、契約内容に条件が記載されていれば、この条件に沿った解約しか行うことが出来ないと考えておいた方が良いでしょう。

このように、フリーランスとして仕事をしている方が契約を解約する際には、どういった内容の契約を結んでいたかによって、必要な対応が変わってきます。「契約を、解約したいけれど、どうしたら良いだろうか?」と思っている方は、一度業務契約書を読み直してみると良いでしょう。内容を確認し、その内容にそった対応が出来ればトラブルを避けることも出来ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です