業務委託解約による違約金

フリーランスの方は、その時々に応じて様々なクライアントから仕事を引き受けている方もいると思います。
仕事を引き受ける際には、その都度業務委託契約などを結んでいる方も多いでしょう。そんな方の中には、「安定した収入が見込める仕事が決まったから、他の仕事を辞めたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。「クライアントに、契約解約を申し出たら、違約金を請求された」と焦っている方もいるでしょう。

本来、業務委託契約を結ぶ際には、期間などが記載されていることになります。
当然ですが、この期間が満了するまでは仕事を引き受けることが前提。契約書によっては、何カ月前に申告をすれば解除が可能というものもあります。しかし、これらの記載がない契約を結び、解約をもし出た時には違約金を請求されるケースがあります。
「どうすれば良いのだろう?」と思われる方もいると思いますが、クライアントにとっては契約を継続出来なくなってしまった理由が納得いけば、違約金などを請求されることはなくなります。

ということは、契約書に解約の内容などが記載されていない場合には、クライアントと話し合いを行い、お互いが納得した上で解約を行っていくことが必要ということ。クライアントが納得いかない場合には、やはり違約金などの支払いが必要となることもあるでしょう。「どうしたら良いだろう?」という時には、法律のプロに一度相談してみると良いですよ。

このように、契約書に解約時の内容記載がなく業務委託契約を解約する際には、違約金などが請求されることもあります。
こういったトラブルにならないためには、クライアントとの話し合いが重要。どうしても自分で対応しきれない場合には、弁護士などの法律のプロに相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です