業務委託解約と損害賠償

IT関連の仕事を、フリーランスとして進めている方もいると思います。
IT関連の仕事であれば、パソコンと知識や経験があれば、様々な形で仕事をすることが出来ますから、「将来的には、フリーランスでの活躍を考えている」という方も増えてきているのではないでしょうか。
しかし、フリーランスで仕事をするとなると、不安になることも多いはず。
では、フリーランスの方の不安の1つでもある、業務委託を解約する際のトラブルについて、ご紹介します。

企業に所属し、仕事をしている場合には、万が一トラブルなどが起こってしまっても、企業側で対応してくれますよね。
個人的に、全ての責任を負うというようなことはありません。しかし、フリーランスとして仕事を引き受けている場合には、全ての責任を負うこともあります。特に、中途解約などを行う場合には、クライアント側から損害賠償などを請求されてしまうケースもあります。
こういったトラブルを聞くと、「フリーランスで仕事をする自信がないな」と感じる方もいるでしょう。

仕事をしている際には、時によって理不尽な依頼をされたり、当初の話と全く違う内容となってしまうこともあります。
フリーランスで仕事をしている場合には、立場が弱くなってしまいますから、強く意見が言えないこともあるでしょう。そのため、「この仕事は、もう請けられない」と思うこともあり、中途解約を希望したいと思うこともあると思いますが、こういった場合にはクライアントと冷静に話し合い、契約解除が出来る様に動くことが必要。
万が一、クライアントの怒りを買い、損害賠償などを請求されてしまった場合には、一人で抱えこまずに専門窓口などに相談する方が良いでしょう。

このように、フリーランスという働き方は魅力的ではありますが、こういった解約時にトラブルに発展してしまうこともありますので、まずは契約時に書面内容をしっかり確認をしておくことが、一番の業務委託のトラブル回避法だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です